瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 味だけじゃない、僕らは情報をも食べている。

味だけじゃない、僕らは情報をも食べている。

ある日の天声人語にこのようにあった。

▼食材の偽装に関して納得の言葉があった。コラムニストのブルボン小林さん(41)は以前、コーラと言われて渡された麦茶を飲んで「うぇっ」と驚いた。事前にコーラという「言葉」を与えられていたからだ。すなわち「我々は物を食すとき、言語も食べている」 朝日新聞「天声人語」より

この文章を読んでから、おそらく2、3日後。お昼ごはんを食べた後、机に突っ伏していたら、こんなフレーズが思い浮かんだ。

『味だけじゃない、僕らは情報をも食べている。』

もちろん天声人語が引き金だろう。それと同時に、あるひとりの農家さんのことも同時に頭の中に浮かんでいた。

しかし、この話、別のどこかで見聞きした気がして、記憶を探っていくと梅棹忠夫さんの情報の文明学だと思いだした。僕が、最初に"それ"を意識したのは、情報の文明学を読んだときだったのだ。

味そのもの以外にも、食べものそのものの見た目、パッケージの見た目、食べる場所の雰囲気‥‥、様々な要素をいっしょくたに味わっている。

この頃、農家さんとのお付き合いが多いのだけれど、野菜であれば、その農家さんの人となり、性格、言動、思想‥‥、その人のすべてを食べていることになるのだな。

料理人しかりかもしれない。僕が生業としているホームページ作りでも同じである、といっても飛躍のし過ぎではないだろう。

僕が作るホームページのできばえは、できあがったホームページだけでなく、ぼく自身のすべてを総合して評価されていると考えたほうがよい。まあ、野菜や料理の味が不味くては人もなにもあったもんじゃない、というのはデザインの世界でも同じなのだろうけど。

話は変わってほぼ日の父が「情報の文明学」であるというのは、公言されているとおり。

ちょうど最近までやっていたコンテンツ、フミ子さんのゆず胡椒。 - ほぼ日刊イトイ新聞。なるほど、このコンテンツを読めば、柚子胡椒の味だけでなく、ストーリーを感じてお母さんの人となりまで味わうことになろうか。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 味だけじゃない、僕らは情報をも食べている。

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP