瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 「ユーザビリティーエンジニアリング 著:樽本徹也」を読み終えました。 > 情報デザイン

「ユーザビリティーエンジニアリング 著:樽本徹也」を読み終えました。

選択されているタグ

タグを絞り込む

ユーザビリティーエンジニアリングという本を、ようやく読み終えました。HCDセミナーに参加して、もう少し理解を深めたい、というところで、@suzuki_curry さんからお借りしたものです。いちいちメモをとりながら読んでいたら、1ヶ月もかかってしまったー。

だいたいの内容は、一連のHCDセミナーに出ていたのでわかりやすい内容でした。セミナーで習ったことの復習と、あとは、実際の現場でのくわしい流れや、具体的な進め方、お金などの数字のことなど、スケール感としてつかむことができました。

浅野先生が言っていたことで、「まったく知らないことについての本は読めない」っていうのは、ほんとそうだな、と思いました。ほんと。(本だけに・・・。)

本当のニーズ

最後のほうに出ていた「本当のニーズ」という考え方が特に印象に残っています。セミナーの中では「アクティビティーとインタラクション」という言葉でたびたび登場していました。技術者になにかを伝えるとき、「本当のニーズ」を伝えないと、狭い範囲からしかモノを生み出すことができません。

浅野先生の例えをお借りすると、「ものすごく効率のいい券売機を作るってなに?」という話なんですが、その人からすると、「切符をスムーズに買いたい」ということじゃなくて、本当のニーズは「移動すること」ということですね。

だから、「テキストの文字を大きくして欲しい」と言ってしまうと、ただ大きくしかならないのですが、「文字を読みやすくしたい」とか「この部分を特に伝えたい」というように本当のニーズを意識すると、たくさんの手段の中から最適なものを選択できるようになります。

仲間を見つけよう!

これは「あとがき」の、最後の最後に書いてあったことです。

UCD (この本ではUCD、セミナーはHCD) は、まだあまり知られていない考え方なので、組織の中で複数の人の理解がないと進めることができません。自分だけが新しい考えを持ち込んでも、まわりの理解が得られず、ひとりで抱えてしまうだけです。

そこでこのように「仲間を見つけよう!」と書いたのだと思います。

ちょうど今日、まさにこのことを言っているツイートを見かけました。

最近の自分のテーマにズバリでヤスヒサさんに心読まれてるのかと思った。 自社にUX文化を広めるコツ : could http://www.yasuhisa.com/could/article/evangelize-ux/less than a minute ago via Tweetie for Mac

幸いぼくは、@suzuki_curryさんと一緒にセミナーに参加していたので、けっこうすんなりと業務に持ち込むことができました。そのあたり、恵まれているのかな、と思います。

ほんと、そう思います。

さて、これでようやく情報デザインの教室を読みはじめられますー。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 「ユーザビリティーエンジニアリング 著:樽本徹也」を読み終えました。 > 情報デザイン

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP