瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > HCD (人間中心設計) セミナー4回目。シナリオ/ペルソナ法 講義まとめ

HCD (人間中心設計) セミナー4回目。シナリオ/ペルソナ法 講義まとめ

この記事は筆者によるセミナーの感想です。内容については、個人の主観が入っている部分や、間違って理解している部分もがあるかと思いますが、ご了承の上お読みください。

毎月の恒例になっている、『WEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解 in 名古屋』の 4回目に先日参加してきました。

セミナーも 4回目となり、参加者さんにも顔見知りの方が増えてきて、「ブログよくまとまってるね」なんていううれしいお言葉をいただいたりしています。
だから、というわけではなく、目的は自分自身の内省 (リフレクション) ということで書いておきます。

でも、もしお読みいただけたら、それはそれでうれしいです。(素直じゃないなあ・・・)

今回は、「ペルソナ/シナリオ法」についてです。では、どうぞ。

講義

毎度のことですが、とにかく急ぎ足です。1時間の講義で HCD の大枠の復習、今回のペルソナ/シナリオ法についての概要と、作業について説明がありました。

わかりにくくてまぎらわしい用語がたくさんでてくるけど (その辺り人間中心でない!) 、毎回でてると少しずつわかってきます。重要なことをポロッと言うので、ボーっとしてると聞きのがします。

重要そうなところをかいつまんで紹介します。

ペルソナ/シナリオ法って?

人間中心設計 (HCD) プロセスの、あくまで 1手法であって、ペルソナ = HCD ではない
4つの HCD プロセスの中の 1つ。

4つの HCD プロセスのおさらい

  1. 調査しなさい
  2. 視覚化しなさい (今回これ)
  3. 試作しなさい
  4. 評価しなさい
  5. 1 調査しなさいにもどる (これ大事)

ゴム製ユーザーじゃだめ

チームでなにかをする時には、チーム内の共通認識が大事。ただし、漠然と「若者がターゲット」と決めたとしても、人によって想像する「若者像」が違う。それを「ゴム製ユーザー」と呼ぶ。共通認識をとるために、ペルソナ/シナリオ法が有効。

「誰にでも」はあり得ない

誰にでも使いやすいものは存在しない。
10%のニッチなニーズに、100%応える。

これが大事。

例えば、キャリーバッグ。
20年前は当時で言うスチュワーデスさんしか使っていなくて、スチュワーデスさんに使いやすいようにできていた。ある一定の層に使いやすいものは、みんなに受け入れられることが多い。だからユーザーを絞っていくのはいいこと。

見える化

開発者は、自分がユーザーになってしまいがち。ペルソナを作成して見える化した方がいい。

ペルソナ (人格) 、ゴール (目的) 、シナリオ (物語) 、を作成するとわかりやすい、知らない人に説明して伝わりやすい。ゴールを決めてそれを目指そう。それがゴールダイレクテッドデザイン

「ユーザーのことをいつも考える」なんて無理

人間中心 (ユーザー中心) と口を酸っぱくして言っているが、ユーザーのことをいつも考えてものを作るなんてのは無理。むしろ、すぐれた開発者ほどユーザーのことを考えて作らない。

じゃあどうすればいいかといえば、ペルソナを連れてきて「テスト」する。参加してもらうことが大事。

行間を読む国民性が足を引っ張る

日本人の国民性、行間を読む (空気を読む) ことが、逆にチームプレイの足をひっぱることがある。そこでペルソナを作って可視化することが大切。逆に米国人は曖昧にせず白黒はっきりと口に出す。

ペルソナ君人形

ペルソナができたら、それを人形にしておくというのはいいアイディア。
例えば会議で、ペルソナ君をもとに話を進める。声の大きい (プレゼン能力のある) 人が勝ってしまう会議はだめ。ペルソナくんがいると、そうなりづらい。

スーパーひとしくんみたいなのを想像すればいいのかな?

ペルソナ < シナリオ

ペルソナを作ってハイ満足、なんて話を聞くけど本当に重要なのはゴールとシナリオのほう。ペルソナはおまけ、ってのはちょっといいすぎ?

ペルソナ/シナリオの作成手順

この辺りから実際の作成手順です。本来の方法に加えて、今回課題としてやってみる突貫工事バージョンも合わせての説明がありました。

ペルソナ/シナリオ作成はインタビューが基本

インタビューを元にペルソナ/シナリオを作る。

半構造化インタービュー (デプスインタビュー、エスノグラフィックインタビュー) がいい。 信頼関係を築く。本当の問題に気づいていない場合に役立つ。

会場より現場で聞くほうがいい。問題は会議室じゃなくて、現場で起こってる。

シナリオ作成の注意事項

インタビューした内容を書き起こす。生っぽさをなくさないように、その人の言葉を使って、物語を書くように。

録音して書き起こすとか無駄、この辺りの話は本に書いてないことが多い。でも重要。

キーワードを拾って、カードソートで分類

ポストイットに書いて壁に貼っていく。このとき単語で書かない。これを第二回で習ったカードソートで分類していく。

先生からこの「単語で書かない」を毎回言われるのだけど、ようやくわかってきた感じです。ノートとるときも似ていて、単語で書くと後から見て何が書いてあるかぜんぜんわかんない。

2つの人格から、1つのペルソナ

一般的に、6〜7名くらいのインタビューをする。すると大きく2種類にわかれることが多い。その似たものを合わせてペルソナを作っていく。 でも、それ以外の少数意見も大事にする。

アクティビティーシナリオが大事

シナリオには 2種類ある。

  • アクティビティーシナリオ (気持ち、物語)
  • インタラクションシナリオ (行動、答え)

大事なのははアクティビティーシナリオ。こちらがあれば、インタラクションシナリオは書ける。

第三回ではまったところですが、タスクとなり得るのがアクティビティーシナリオですね。ここは罠におちいりがちです。

要するに漠然と何かを探している人が、「まず自分のサイトに来たところから」なんてことはあり得ないということ。

「先生の本は教典ですか?」

講義の最後で先生も参加している本の紹介がありました。たしか「情報デザインの教室」と言うタイトルで、8月発売だったと思います。

休憩時間に「8月に出る本は教典ですか?」って聞いてたら「テンプレートなんかもついていて実用的なものだぞ」とのことでした。

ちなみに「教典」とはたびたび浅野先生の話にあがる例え。

分厚い本を買ってもなかなか読めない。でも「おれはこれをやるんだぞ」とか「おれの言ってることは間違っていないんだぞ」という内省のために神棚に飾っておくためのものだそうです。(そんなんでいいのか)

「教典」の例


さて、ちょっと長くなってしまったので今回はこのくらいで。
次は課題〜懇親会〜味仙でのことまで、書きます。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > HCD (人間中心設計) セミナー4回目。シナリオ/ペルソナ法 講義まとめ

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP