瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > ひとは、勝手にそれ以上の価値をつけるもの? > UX

ひとは、勝手にそれ以上の価値をつけるもの?

選択されているタグ

タグを絞り込む

ひとはモノに対して、勝手にそれ以上の価値をつけるのではないか?

ACMEのペン。明治村の帝国ホテルに売っていて、嫁さんにプレゼントしてもらったもの。実はこのペン書きづらいし、だいぶインクが少なくなってきてて字が薄いのだけど、これで書きたいからという理由で使っている。


書きづらいはいいとしても、字が薄いっていうのはペンのあるべき用途を果たしてない。にもかかわらず、これで10年日記を書く行為がぼくのUX。 高価なペンではあるのだけど、このペンに対して、自分で勝手に、それ以上の価値をつけようとしているということに気づいた。もしかしたら、それは自分を納得させて、気持ち的に元を取りたいからって理由かもしれないけれど。。

どちらにせよ、使いにくいこのペンを使っているという事実から、そのものの本来の役割を超えた「なにか価値のようなもの」が存在しているはず。

どうでもいいことを、シリアスに語っているようで居心地が悪い。こんなことを考えてしまうのも、今読んでいる「情報の文明学 著:梅棹忠夫」の影響なのだろう。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > ひとは、勝手にそれ以上の価値をつけるもの? > UX

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP