瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 金子みすゞ「ほしとたんぽぽ」

金子みすゞ「ほしとたんぽぽ」

お盆休みに実家に帰ったとき、本棚に見なれない本が数冊ならんでいた。

金子みすゞさんの本。母親だろう。

例のACの「こだまでしょうか」で気になって購入したのだろうか。

手にとってページをめくる。

すごくまっすぐで純粋な言葉と、軽快な音の調子があいまって、こころが踊ってくる。

すぐに好きになったみたい。

わらい

それは きれいな ばらいろで、 けしつぶよりか ちいさくて、 こぼれて つちに おちた とき、 ぽっと はなびが はじけるように おおきな はなが ひらくのよ。 もしも なみだが こぼれるように、 こんな わらいが こぼれたら、 どんなに、どんなに、きれいでしょう。

借りて帰ってきて、一度読む、二度読む。三度は声に出して読む。

「素直な子どもの視点だね」で片付けてはいけない、もっと透きとおるような無邪気な目でものごとをみてる。

こんな目線をもっていたいものだなあ。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 金子みすゞ「ほしとたんぽぽ」

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP