瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > まずは「ちがい」に気づくことから > 糸井重里

まずは「ちがい」に気づくことから

選択されているタグ

タグを絞り込む

きょうのほぼ日の「今日のダーリン」に
琴線に触れることが書いてあった。

いつもどこかにひっかかっていて、
なにかの折には考えていたけど、
なんとなく、そのままになっていたこと。

たぶん、答えはないけど、
考え続けることが大事じゃないかなーと思った。

・「なにがちがうんだろう?」と考えることが、
 とにかく重要なんだと思ってるんです。

 たとえば、家でつくったチャーハンと、
 腕のいい中華の料理人がつくったチャーハンは、
 「なにがちがうんだろう?」
 料理の雑誌や本に、けっこう詳しく書いてあるのに、
 やっぱりちがうものができちゃう。

 (中略)

 「なにがちがうんだろう?」と考えることの前には、
 「なにかがちがう」と気づくことがあります。
 ほんのちょっとした「ちがい」しかなくても、
 その「ちがい」が見逃されていたら、
 「もっとよくなる」ことは無理でしょう。

聴くと自然に体が反応する音楽は、なにが違うんだろう。
きれいだけど退屈な写真と、なぜか惹きつけられる写真は?
隣のおばちゃんがくれた野菜はなんでおいしいんだろう。
なぜその人はこんなにも魅力的なのか。

こうやって考えていれば、いわゆる
「違いがわかる人」になるのかな。
わからないけど・・、
とにかく、そのまんまにしない。

よく、ものをうわべだけをみて、
あーだ、こーだ言ってしまうけど、
せっかくなら、ちゃんとわかった上で、
あーだこーだ言いたいから。

ちょうど「おとなの小論文教室。」にも
「違う女優さん」として、大竹しのぶさんのことが
書いてあったなあ。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > まずは「ちがい」に気づくことから > 糸井重里

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP