瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 手のひらの傷の痛みと全身の痛み > 糸井重里

手のひらの傷の痛みと全身の痛み

選択されているタグ

タグを絞り込む

今日の「今日のダーリン」に次のような「たとえ」がありました。

大きなケガをすると、熱が出ます。手術の後などでも、体温が上がります。人間にとってのケガというのは、その損傷した部分だけなのではなく、身体ぜんぶがケガをしているとも考えられます。

今日、4月11日は、あの日から1ヶ月の日。まだ傷も痛みも、まったく癒えてませんし、身体全体の高熱も続いているように思います。

2011年4月11日「今日のダーリン」より

誰かが糸井重里さんのことを「たとえの人」と言っていました。なるほど、今の状況をよく表しています。

被災地の痛みは計り知れないものがありますが、ここは、ひどく個人的な話を。

先日、自転車で派手にコケて、手のひらの皮がちょっととれてジンジンしています。それだけで、そこを庇うんでしょうね、普段通りの動きや思考ができなくなります。ちょうど今の日本のように。

めくれて、赤い血が流れているのは手のひらだけ。でも、影響は全身まで及びます。

そんなときはどうするでしょうか。

  • これ以上痛めないようかばって生活する
  • 傷口をやさしくケアする
  • 無理・無茶な行動は避ける
  • 何かに熱中する・楽しいことをしている間は忘れている
  • 完全に治癒するには時間がかかる

もしかしたら、何かのヒントになるかもしれませんね。

デスクワークをしているのもあり、自分の血を見るなんて久しぶりのことです。でも、リアルな身体の感覚。

先の地震があってから、何かにつけ今この瞬間ものすごい揺れがきたらどうするだろうと考えます。自分だったらどうする。なにができる。大けがをしたら、もし誰かが。

・・答えは出ません。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 手のひらの傷の痛みと全身の痛み > 糸井重里

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP