瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > クリエイティブにおける、「良いもの=めんどくさい」考。空気株式会社×宮崎駿×タランティーノ

クリエイティブにおける、「良いもの=めんどくさい」考。空気株式会社×宮崎駿×タランティーノ

京オリンピック開催が決まりました。賛否両論(賛が優勢?)で世間が沸いているようですが、招致PR映像がすごい!と評判のようです。と、そんなことがきっかけで、「クリエイティブ=ものづくり」について考えたことがあるので、書いてみます。


KOO-KI株式会社の理念

僕が、この映像を知ったのはこちらを見たからです。

影の立役者!東京オリンピック招致PR映像を作ったkoo-ki株式会社とは? - NAVER まとめ

この、KOO-KI(くうき)株式会社に興味を持ち、サイトを見ていくと理念的なページに(僕は企業の理念的なページをついつい見てしまうクセがある)このように書いてありました。

絶対に「オモシロイモノ」しか作りません。はっきり言って不便な(めんどくさい)会社です。

めんどくさいって!確かに、PR映像の中のハート、見ている分には開放的な気持ちになれますが、生みの苦労をそうぞうするだに、めんどくさそう。。

めんどくさい

「めんどくさい」で思い出すのは、そう!こないだのNHKプロフェッショナルの宮崎駿さんです。絵コンテを描きながら、一言目には「めんどくさい」、二言目には「めんどくさい」。

何が面倒くさいって究極に面倒くさいよね。『面倒くさかったらやめれば?』『うるせえな』って、そういうことになる。

とまで言っています。

良いもの=めんどくさい そういうことなんでしょう。クリエイティブ全般に言えるのかなあ。

磨き上げは、好きかどうかが重要

で、この話を思い出します。アップルップル山田さんのセミナーで紹介されていた、タランティーノ監督の映画制作の現場での一コマ。


磨き上げの「めんどくさい」をやるぞー!おー!なぜなら僕たちは、映画を作るのが好きだからー!

となりますでしょうか。

90%の仕上がりでやっと半分

出典を忘れてしまったので、メモ帳に書いてみました。残りの10%を磨き上げるのに、半分の時間を使う。(少し記憶曖昧です)



これも、同じことを言っているのではないでしょうか。

そして、出典元には(おそらく)ないのですが、一般的にスタート時は抽象的な作業だったものが、どんどん具体的な細かい作業になっていきます。それも、「めんどくさい」の要因ではないでしょうか。

ということで、そろそろ僕の中では、「良いもの=めんどくさい」が自明のこととなってきました。

そして、ものづくりに足をつっこむ人間からすれば、できるならば、願わくば、めんどくさいを楽しめないだろうかー?


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > クリエイティブにおける、「良いもの=めんどくさい」考。空気株式会社×宮崎駿×タランティーノ

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP