瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 死をテーマにした(幼稚な)作文

死をテーマにした(幼稚な)作文

然ですが、死をテーマにした作文を書こうと、チャレンジしています。

理由としては、ある日の今日のダーリンを読んだから。基本ミーハーなんですねえ。

真顔でじぶんや他人の「死」について語れたら、それは彼が何歳であっても、大人だという気がする。

さて、気を取り直して。

ぼくは死についての意識が低いと思います。今風に言えば「死リテラシー」が低い、でしょうか。(なんだか「死」って、そいういったおちゃらけた造語を作るのがはばかられますね。)

というのも、今までの人生において、身近な死を経験したことがないからです。自分が事故で死にそうな目にあったとか、自殺を本気で考えたとかないし、身近な家族、友達が亡くなったという経験もありません。

そんな中で、死を考えます。ビギナーはビギナーなりに、死について。

自分が死ぬというのは、自分がこの世からいなくなるということ。僕のイメージでは、死は無です。なにもない状態。例えば、夢を見ずに熟睡しているときのように。つまり、こうやってあーだこーだ考えている意識が途切れるということです。

自分が死んで、意識がなくなっても、世界は変わらず回り続けるますが、僕はそれを知ることはできません。なんとも不思議な感じがします。

・・・

あー、ダメですね。つまらない。当たり前すぎて、別にこんなところに書き付けて、世の中に発信する意味なんかないとか、もう止めちゃいたい気分になってきました。が、そこはこらえて。。

なんでしょう。死について考えようと思っても、気が散ってしまい、真剣に考えられないことに気づきます。わからないし、考えたってしょーがないと思ってしまう。例えば、誰か身近な人が亡くなることを想像してみる。もー、リアリティがなさ過ぎて、想像つかない、だんだんバカらしくなってきます。

バカらしくなってきて、思考は脱線です。ひとつ前に書いたブログのことを思い出します。(やはり意識が向くのは自分に興味のあることなんでしょうか。。)

え、頭の中には自分がふたり。「奥の人」と「手前の人」って、いますよね?

(まず、上の記事を読んでいただき)今こうやって考えている自分=手前の人ってのは、いくら考えてもわからなくて、本当の自分=奥の人が、死を感じないことには、なに一つわからないのでは、という気がしてきました。

つまり、経験していないことはわからないという、簡単な道理です。

うん、やっぱりそうだ。手前のキミよ、悪いけど君のことはもう当てにしない方が良さそうだ。

と、これが死について考えてみた結果でした。等身大です。(もし読んでくれた人がいたなら、申し訳ないような文章ですね、スミマセン。。)

そして、ぼくは「手前の人」のことを、またも悪く言ってしまった。でも、こうやって考えているうちに「手前の人」の無限の可能性に気づきました。そのお話は、また別の機会に。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 死をテーマにした(幼稚な)作文

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP