瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 娘へ。 > 「選択する」ということ。

「選択する」ということ。

Babyちゃんが「選択」という言葉を習うのはいつ頃かな。小学校の5年生くらいかな。

どちらかというと、ありふれた言葉だと思う。

「次の選択肢の中からひとつ選びなさい」
「チキンにしますか?それともビーフにしますか?」
「ねえ、選択の授業なに選ぶ?」

ありふれてて、見過ごされがちだから、ここでちょっと伝えておくね。


「選択」ってとても大事なことなんだ。

人生ってのは、小さな選択から大きな選択まで、日々いろんなことを選んでいくと思う。

小さいのは、「今日は花柄の服にしようか?ボーダーのほうがいいかな?」とかね。
大きいのだと、例えば、受験する学校を選ぶとかね。

その選択が積もり積もって、キミをある場所へ運ぶ。
その場所に辿り着いたとき、満足できるような選択をしていかなきゃならない。
その場所についたことを後悔してしまうようなら、悲しいね。


もう一つ!
大事なことがあるんだ。

「選択しているようで、選択していない」

わかる?
選択って言うのは、自分の意志で決めることだと、パパは思うんだ。

人の意見にしたがっただけだったり、なんとなく流されて決めていたり、そこに自分の意志が入っていなければ選択とは言えないんだな。

それってどういうことかっていうと、船の舵とりができないようなもので、行きたい場所にたどり着けない。
ま、文字通り流されてしまうってことだな。

ね、Babyちゃんはちゃんと「選択」のできる大人になってね。

Photo is taken by UNclimatechange


生後日44目の娘。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 娘へ。 > 「選択する」ということ。

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP