瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > WCAN 2008 SPRING 名村晋治さんのお話

WCAN 2008 SPRING 名村晋治さんのお話

なんだかんだ書けずにずるずる来てしまった。
先週の日曜日のことですが、
Webの勉強会「WCAN 2008 SPRING」に
参加したことのまとめ。

今回は名村晋治さんという方の、
「Web制作でのプロジェクトマネージメント」
というものについて。

「プロジェクトマネージメント」というと、
わかり辛いかと思いますが、社会人として
会社の業務を円滑に進めるためになにが必要か。
といういたってシンプルなことに置き換えられるお話でした。

まとめるのが大変なので、箇条書きで。

役割として、

ディレクター→終わらせる人(期限までに決断して終わらせるのが目的)
プロデューサー→成功させる人(知恵と人を使ってそのプロジェクトを成功させるのが目的)
大きい会社でないと関係ないかもしれないけど、
役割によって達成するべき目的が違うってこと。

自分の与えられた目的を見失ってはならない。

人が自分を完全に理解するというのは有り得ない

人を信用するな、というわけではい。
理解してくれていると思ってことを進めると、困ったことになる。
自分の中で当たり前のことでも、他人にとってはそうではない。

Web2.0=サービス

Web2.0といっても、結局サービスでしかない。
お客さんが会社にお金を払い、
会社がお客さんにサービスをする。
それだけのもの。

報・連・相

会社での揉め事のほとんどは、報・連・相がうまくできてないから。
名村さんは上司から部下への報・連・相を特に事にしているらしい。

自分にとって大切なものは、相手にとっても大切なのか?

自分が大切だと思っていることは、
相手も大切だと錯覚してしまうが、そうだとは限らない。
自分はこういった理由で大切なんだ、としっかり言葉で説明する。

偉い人

役職がついているから偉いわけでなく、
もしもの時「責任」をとらなければならないから偉い。

プロジェクトマネージメントという仕事

働いている時間の9割は人(スタッフ)と接して、
プロジェクトが円滑に進むように立ち回る。

Webサイトの「設計」

Webサイトの制作は「設計」に時間をかけないと失敗する。
昔のWebサイトは作るのが目的。単純に時間をかければ完成する。
最近のWebサイトはいろんな要素が絡み合い、
一人で制作することが不可能だから。

だー、っと書いてきましたが、だいたいなんとなくこんな感じでした。
覚えていないことや、的外れなところがややあるかもですが。

あらためて読んでみても、当たり前のことが書いてあるな〜。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

m-gane 2008-04-24 (木) 20:29


>名村晋治さん
コメントをいただき光栄です!

この内容は、自分が理解できた範囲での話ですので、
もう少しディレクションやプロディースに携わっている方なら違う印象をもったのではないでしょうか??

わたくしは一作業員で、この業界はまだまだ短いのでこのような印象を持った次第です(*- -)

ただ、あーいった場所で、「プロジェクトマネージメント」のお話をする。という前提でも社会人の基本を語る、ということは
それだけ基本が大事なんだな、と。
そう強く感じました。

また、機会がありましたら名古屋での公演お願いします!
名村晋治 2008-04-22 (火) 18:19


本日こちらの記述を拝見しました。
当日はご来場いただきましてありがとうございます。

改めると・・・・偉そうに話をさせていただきましたが、ホント中身が普通のビジネス書に書いてあるような内容でしたね・・・・(汗
もうちょっと折角のノウハウ的な部分を詰めないと・・・・・と思いました。

是非是非今後ともよろしくお願いします!
m-gane(えむがね) 2008-04-10 (木) 21:58


>アートオフィスさん
ためになるお話でしたよ〜。
詳しくはリンク先もどうぞ!
アートオフィス 2008-04-07 (月) 23:50


ふむふむ
投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > WCAN 2008 SPRING 名村晋治さんのお話

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP