瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 名前をつけてやる > 子ども

名前をつけてやる

選択されているタグ

タグを絞り込む

さんのお腹がふくらんでおります。よく動いているらしく、お腹に手をあてるとわかります。話しかけたりすると反応することもあったりで、まだ生まれてはいませんが、すでに命が誕生していることを感じずにはいられません。

予定日は5月、我が家にはめずらしく、もろもろの準備も順調に進んでいます。

名前をつけてやる

高校〜大学生の頃、大好きだったミュージシャンはスピッツ、それから10数年が経って、ほとんど聴かなくなって久しいですが、この曲を思い出しました。


このタイトル「にゃまえをつけてやる」でもいいと思うのだけど

名前をつけてやる 本気で考えちゃった
誰よりも立派で 誰よりもバカみたいな

もちろんはじめての経験です。世のみなさんが、どんな気持ちで子どもの名前をつけるのか、計り知れないものがありますが、そりゃあもう、本気で考えちゃいますよね。

嫁さんとあーでもない、こーでもない、と。あ、もう九分九厘決まった名前はあるのですけどね。立派でもバカでもないけど、一生懸命考えた名前が。気に入ってもらえるかなBabyちゃんよ。

さて、「詩」です。

いろいろ紆余曲折あり、最終的にこの一文字を道標に、響きだの意味だの画数だの、調整していきました。

最初は「音」が使いたかったのですけどね、途中で心変わり。(うちの兄の娘と妹の娘も「音」を使っているという、蛇足。。)

「詩」に興味があります。という書き出しで以前、ブログを書いたこともありますが、「詩」という言葉の持つものが、なんだかよくって。

「詩」について、本格的に向き合ったのはついこないだのことですが、自分なりに消化している「詩」像はこのようなものです。

つまり、そんな思いが子どもの名前に込められているということです。

ぼくの考える「詩」


詩というのは、
心の、気持ち、感情、人生、自分の考えていること、
世の中の現象、ふたりの関係とか、
一番根っこの本質的な部分‥‥

本質的なものを、文字通り歌っている。
それは、言葉として表せる。

文章って、意味がしっかりしている。
主語述語、動詞、名詞‥‥
でも、詩は、それにとらわれない。

詩は、意味をともなってなくてもいい。
響き、リズム(調子)を大事にする。
そうリズムが大事。

詩というのは、どうやって楽しむかというと、
頭で理解するものでなく、感じるもの。
聞いて、心で、リズムと、語感と、言葉の持っている意味を
頭じゃなくて、心でそのまま「すっ」と感じて、
「あっ」って、その人の本質的な部分が伝わる。
これが詩。

世の中の詩とは違うかもしれんけど、
自分の中の詩はこのようなもので、素敵なものだと思っている。

だから子どもにもその字をつけたい。
詩みたいな子。

自分の感じていることを「すっ」と「ふっ」っとこう、
論理武装じゃなくて、純粋な、どこにでもある言葉なんだけど、
「なんかいいなあ」と思わせるやり方で伝えられる子。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 名前をつけてやる > 子ども

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP