瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 映画「エンディングノート」で感じたこと > 映画

映画「エンディングノート」で感じたこと

選択されているタグ

タグを絞り込む

今日は少しショックなことがあった。ああ、ショックというには大げさな、よそから見たら取るに足らないことかもしれない。

ほぼ日で、エンディングノートという映画が紹介されていた。その絶賛ぶりに期待が高まって、名古屋に出てきたついでに映画館に足を運んでみた。

人が亡くなる話を楽しみだというのは、少し不謹慎かなと思う。でも楽しみだったんだろう。映画館に着いてから始まるまで一時間30分の待ち時間。わざわざほぼ日のコンテンツを読み直して、わざわざお腹が空いては集中できないと、コンビニを探して小腹を落ち着かせた。

今思うと、期待していたんだと思う。泣いて、笑って、どれだけ心動かされ感動するんだろうって。

結局、ラスト少し涙腺が緩んだけど、期待していたほどの大きな感動はなかった。(手ブレで揺れる映像に気持ち悪くなったことをさしひいても。と、あとお金持ちコンプレックスなのだ)

ぼくは、大切な人を亡くした経験がない。

こんなこと、それで苦しんでいる人がいはずだから、わざわざ言うもんでもないのかもしれないけど。

「ぼくは不幸なことに、今まで不幸なことが一度もなかった」って、これはみうらじゅんさん原作の映画、の主人公のセリフ。

経験していないことには共感できないのかな、別に大騒ぎするほどのことでもないけど、それが今の自分なのだろう。それはそれとして、受け入れよう。



--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです!)

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 映画「エンディングノート」で感じたこと > 映画

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP