瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 思考で検索する時代が来る?それより、僕と踊りませんか? > Web

思考で検索する時代が来る?それより、僕と踊りませんか?

選択されているタグ

タグを絞り込む

いつものようにお風呂の中でぼーっとしていたら、
例によって毒にも薬にもならないようなこと
どんどんでてきた。お風呂ってそうゆうとこ。

「検索」というものの性質、未来の検索スタイル、
というところから、
偶然にも井上陽水さんの歌に教えをいただく話。

言葉で検索する。これ常識。

今現在、検索のトリガーになっているのは、「言葉」。
っていうのはあらためて言うまでもないこと。

ということは、情報の大わくを「言葉」でとらえておくことは
情報をひきだす「検索作業」の際に、おおきなアドバンテージになる。

例えば、
「あの映画なんだっけ、主役の顔は覚えてるし、
 主題歌のメロディーも出てくるのにタイトルがわかんないよ」
というとき、
映像と音とだけがわかっていても「言葉」という手がかりがないと、
今の検索システムでは探すことができない。
「言葉」に依存しているところが大きいから。

さらに言うと、
「この匂いなんの匂いだっけ?」とか
「この味どっかて食べたことあるんだけど・・・」
っていうのも、同じく探すことができない
これもいまさら言うまでもないこと。

でも、人間は欲張りなもので「探したい」と思ったら探したい。
昔から、出来ないことをどんどん出来るようにしてきた。

より速いほうへ。速いほうへ。

話は変わって、このごろ、「音声入力」というものが
だんだん一般的になってきた。
これは、音声を言葉に変換しているだけで
根本は先ほど述べた状況と変わっていない。

人間は、自分の思考をより簡単に電気信号に変えられるよう工夫をしてきた。
考えたことを、「キーボードに打ち込む」から、
「声を認識する」というように、より速いほう速いほうへ。

そうすると次にやってくるのは、
「考えたことを直接電気信号に変える」ということをしたくなる。
よく知らないけど、こんな研究がどこかで進んでいるんじゃないかと思う。

これができれば、思考で探すことはもちろん、
「映像」「音」で探すことができるんじゃないだろうか。

将来電極を頭につけて生活する日がやって来る?


と、こんなことを考えて、それから思ったこと。

そもそも、人はそんなに「探して」なにがしたいんだろう・・・。

ふと、井上陽水の曲が頭の中をよぎる。

まだまだ探す気ですか?
それより僕と踊りませんか?
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?

確かに、そんなに探してないで踊ったらいいんじゃないかと思う。
それも一つの真理ですね。陽水さん。



イカしたジャケットだ

夢の中へ 井上陽水 歌詞情報 - goo 音楽

YouTube - 井上陽水

ほねぶとロックな「夢の中へ」がでてきた。

メモ

この記事を書くにいたったきっかけ。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 思考で検索する時代が来る?それより、僕と踊りませんか? > Web

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP