瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > HCD(人間中心設計)をWeb制作に活かす時のいくつかのハードル > HCD

HCD(人間中心設計)をWeb制作に活かす時のいくつかのハードル

選択されているタグ

タグを絞り込む

HCD(人間中心設計)のセミナーに参加し始めたのが、2010年の4月のこと。だからもう、4年ほどになります。

ちょうど時を同じくして、Webディレクターとして、ホームページ制作のディレクションに関わるようになります。

いくつかのサイトを立ち上げてきて、そして今進行中の、目の前のサイトに対峙して、HCDをフルにWebディレクションに活かすためのハードルの高さ感じています。



見る人が見れば、ただの「いい訳エントリー」に見えなくもないですが、そこはそれ。エイヤっと所感を書いてみます。

いくつかのハードル

クライアントの理解

まず立ちはだかるのは、クライアント(決裁者および担当者)に以下のような理解が得られるか。

真にマーケットインの志向があるか?
「ホームページを見てくれるエンドユーザーのためを思って作りましょう、それが御社のためになります」ということを信じて実行してくれるか。
WebやITのリテラシーはあるか?
例えば「ホームページって、もはやサービスの一部ですよね?」と聞いて、当たり前に返事が返ってくること。Webに慣れ親しんでいないと、ユーザーを想像するのは難しい。
強い目的意識と、達成する意欲があるか?
誤解を恐れずに言えば、HCDは正直面倒くさい。エンドユーザーを連れてくるとか、ビデオに撮って時間を計るとか。しかし、もちろん手間をかけた分の収穫はあるはずです。
プロジェクトの目的と一致しているか?
HCDのファーストステップが「人間中心設計の必要性の特定」であるわけですが、本当に必要なのか?それどころか、実際のWeb制作の現場では、「目的」が明確になっていないこともしばしばです。

予算の問題

次に予算の問題。HCDは時間がかかります。予算(お金)=時間であるわけですから、予算が付かなければできません。

クライアントの理解にも関連しますが、制作費に余裕があること。現場を見渡してみると、そうそう余裕のある案件はなさそうです。

裏技としては、予算を顧みず実行すること。ある意味「投資」と捉え、クライアントへの成果または自分の成長へ、先に投資するという考え方もなくはありません。(あまりオススメはできません。。)

制作チームの問題

一般的なWeb制作のフローとは違うことをするわけですから、制作チームの理解があることが重要でしょう。(セミナー参加者さんと、社内での孤軍奮闘話をよくしたものです)

チームメンバーの中に複数人HCDを理解した人がいる、または、新しい風を受け入れることのできるメンバーがいることが望ましいです。

また、導入を提案する人の「職域」の問題もあります。

一般的に言われる、Webディレクターの職域、またはWebプロデューサーの職域のひとがひっぱっていけばいいのですが、以前ぼくが担当していたマークアップエンジニアの立場(またはWebデザイナーの立場)、つまり下流行程を担当している人間からでは、導入は難しそうです。

とはいえ…

このように、Web制作にHCDの手法を取り入れるのはとてもハードルが高いことがおわかりいただけたと思います、が!!

が、しかしです!HCDを学んだことで、日々のWeb制作の仕事にすごくプラスになっていると感じます。

HCDをフルにWeb制作に導入するのはむずかしい、しかし、確実に活きている。

という、なんじゃそらな結論になってしまいましたが、では、どう「活きている」のか?は、考えがまとまっていないので、また機会があれば書いてみたいと思います。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > HCD(人間中心設計)をWeb制作に活かす時のいくつかのハードル > HCD

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP