瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > LT参加への葛藤・気づきなど、もろもろ。WCAN2012Winter

LT参加への葛藤・気づきなど、もろもろ。WCAN2012Winter

2012冬のWCANでライトニングトークさせていただきました。

いろいろあったけど‥‥ひとつ言えるのは「やってよかったぁ!!」ということ。

  • スライド制作中の気づき・葛藤
  • 当日の内容補足
  • みなさんの反応集
  • まとめ

と、大きく4つに分けて書いておきます。


Photo is taken by Takuo Yamada


スライド制作中の気づき・葛藤

とりあえず、「やります!」と宣言しました。テーマは、なんとなく案がぽこぽことあったけど、決めてはいませんでした。あとで決めればよいだろう、と。いくつかの中から二つにしぼり、そこから「よし自分探しをテーマにしよう」と。

準備中の葛藤

それはもう、葛藤でした。自分の内面をおおっぴらに出す。200人の前で、これは緊張する。「自分人生迷ってます」と、わざわざ人前に出て話すってことですから。

「まだできてもいない人間が話なんかするなよ」とか、見えない声が聞こえてきたり。でも、決意の意味も含めてやろうと、テーマを変えることはしませんでした。

冷静に分析すると、こんな効果があったと思います。

  • 決意を周りに伝える
  • 自分ブランディング
  • おおげさな自己紹介

一番重要だと感じたのは「決意を周りに伝える」。

自分が「何者かに変わりたい」と思ったとき、いちばんいいのは「その変わりたい者を思い描き、誰かに伝える」ことだと思います。ぼくは200人に宣言したわけですが、この「変わりたい」が背中を押したのかもしれません。

「伝える」方法の気づき

スライド作り自体も、それなりに試行錯誤しました。内容が内容なだけに気を使います。独りよがりになっていないか、まだ見つかってないんだから上から目線にもなれない、等身大で自分が体験したことを伝えることを心がけました。

精神的な面だけでなく、技術的な気づきもありました。一石二鳥!どころか三鳥、四鳥・・・!

話を展開する上で、無駄なものをそぎ落とす必要があることに気づきました。足したり引いたり、そして順番を変えてみたり。

  • 伝えたいことをまず考える。
  • 結論に到達するためにストーリーを考える。
  • とにかく結論に焦点を当てると、無駄なものが見えてくる。
  • いらないものは捨てる。
  • 特にいらないのは、いい訳や要らぬ冗談、弁解、自分を落とす言葉などなど。

当日の内容補足

少し補足します。Evernoteのくだりです。時間の関係で、かなり簡潔にしか伝えられませんでしたので。

保存(片っ端からクリップする。)

これは、ことばの通りです。日々ネットを見ているとき、日常でも、気に入ったものをクリップしていきます。お気に入りのスクラップブックをつくるようなものでしょうか?ここではあまり考えず、ちょっと気になったら保存していきます。(有料プランにしないとアップしきれないのはネックですが)

ラベリング(グルーピング、名前付け)

このあたりのことが機能的に簡単にできるのがEvernoteのいいところです。「ノートブック」「タグ」などを使うと必然的にグルーピングと名前付けができます。一番具体的な「ノート」を、一段階抽象化(ノートブック名、タグ名)するイメージです。

後で触れる(ときめくかどうか?)

これもEvernoteでやると便利な点です。ぐっとさかのぼって触れてみる。あるタグでしぼって触れてみる。必要なものを検索したついでに触れてみる。

このとき「自分のトキメキ基準」を意識すると、自分がどんなものが好きなのか、ビックリするくらい顕著にわかります。トキメキ基準については、こんまり先生の本をご参考に(→以前ブログに書きました

みなさんの反応集

聞いていただいたみなさんからの反応で、これまた気づくことがいろいろあります。

40にして、惑いまくってますよ。(Kせんせい・Hさん)

周りからは自信持って進んでるように見えても、そうなんですね。やっぱりぼくの言っていることは理想かも、なんて思ったりもしちゃいます。

今は見えてる。でもまたしばらくしたら、探すんだろうな。(Nさん)

見えてる人にとっては「あーはいはい」という内容だったと思います。そして興味深いのが、しばらくすると「また探しはじめるんだろう」と言っていたところ。

理想とは違うけど、今は下積みだと思って。(Nくん)

これは必要なことかもしれません。その先に、思い描く自分があればがんばれるはず。

エバーノートのくだり、いらないんじゃないですか?でなくても、ジョン好きなんでしょ?(A社のYさん)

いや、それは違うんです。そりゃ昔からジョン・レノン好きでしたけど、「トキメキ基準を知る→触れてみる」で確実なものになった、というか。ぼくちょっと変わっているのかもしれないんですけど、20代後半くらい、この会社に入ってしばらくの間、本当に自分がわからなかったんですね〜。最近ようやく見えてきた感じです。33歳、冬にして。

そもそもなんでLTやろうと思ったんですか?(みなさん)

ここで気づいちゃったんです!ぼくは目立ちたがりなのかもしれません。。

パンクなんだって、これ

これまた、今回の件で気づいちゃいました。

「内面をさらけだしていく」これ、パンクなんだってことに。

銀杏BOYZの峯田くんの歌をはじめ、大槻ケンヂの名言「コンプレックスをステージに上げるとロックになる。」、忌野清志郎・・・

このあたりの思想が影響を与えている可能性は大です。そもそも、そのノリでこのブログを書いているという節もありますし。

ということで、まさに「外化して自分を知った」LTとなりました。最後に、これ人によっては2度目ですが・・

少しでも感じていただけた方、自分の居場所がわかんないという方、ぜひ行動してみてください。「ここより違う風景が見れんだろ?」と、アクマもいっております。(映画ピンポンより)


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > LT参加への葛藤・気づきなど、もろもろ。WCAN2012Winter

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP