瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 「さあ、才能に目覚めよう」自分の居場所がわからないと嘆いているあなたへ。希望の本です。 > ストレングスファインダー

「さあ、才能に目覚めよう」自分の居場所がわからないと嘆いているあなたへ。希望の本です。

選択されているタグ

タグを絞り込む

分の居場所がわからないと嘆いているあなたとは、つまり僕のことです。

ここのところ、少しゆーうつな気持ちに苛まれることがあります。その憂鬱な気持ちの正体は、「自分は何をする人間なんだろう」という、まさに中2な悩みです。

良く言えば、器用貧乏。なにかしらに興味をもっては手をつけ、そこそこうまくいけば気分はいいが、その道のプロフェッショナルと比べた時、自分の力のなさに無力感を感じる。そんなことの繰り返しで、どんどん自分を見失っていくわけです。

そんな時に出会った希望の本。そう、「希望」と呼んでもいいのだと思います。「さあ、才能に目覚めよう」という本。

希望の本。

筆者は強く言います。「弱みを克服する方法では、ひとは絶対に幸せになれない」(一般にはびこっているのがこちらの説である) 幸せを勝ち取るには、まず自分の「才能」に気づくこと。そして、その才能を活かせるように自分を導くこと。 すべてのはじまりは、自分の才能を知ることから。

弱みを克服する必要はない。

自慢ではありませんが、「弱み」なんていくらでもあります。誰だってそうでしょう。それについて悩んでいました。克服しなきゃ明るい未来はやってこないぞ、と。

でも「弱み」なんで気にしなくていいんだと言われて、肩の荷が下りる思いです。それどころか、「弱みだって強みになる」と言うではありませんか。

「苦手なことはやらなくていいんだよ。自分が得意で好きなことをして、誰かの役に立てばいいんだよ」なんて言われたら、ひとつ気が楽になります。

才能は永続的で不変。

そして、次の朗報は「才能は永続的で不変」であるということ。

この本によれば、「才能」は10代の半ばで決まり、それ以後は変わることのないものなのだそうです。つまり、一度見つけさえすれば、後はその才能を研ぎ澄ますことに専念すればいい。

自分の向かうべき方向が見えてくるのではないかという思い。暗中模索で、右往左往の日々からはオサラバ!そう、そんなことを思い「希望の本」だなんて、おおげさに呼んでしまいました。

ストレングスファインダーをやるのが楽しみでしかたありません。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 「さあ、才能に目覚めよう」自分の居場所がわからないと嘆いているあなたへ。希望の本です。 > ストレングスファインダー

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP