瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 下痢におけるピーとシャーの違い。【嫁の持論】

下痢におけるピーとシャーの違い。【嫁の持論】

はお腹が弱いわけですが、思えば、記憶は小学生の頃にさかのぼります。小学校3〜4年くらいの時に(当時、小学校のトイレで大便をすることは禁忌とされていた、そんな時代)お腹が痛くなった僕は、大便用トイレで用を済ませ、でも、友達に学校で大便をしたというのが恥ずかしく「ゲー吐いちゃった」とウソをつき、「ゲロはきケイスケ」とあだ名をつけられたのはいい思い出(?)です。

あ、言い忘れましたが下(シモ)の話ですので、食事中の方はご注意くださいませ。

と、そんな記憶からも言えるのですが、僕は小さい頃からお腹が弱かったのですね。(別のエピソードとして、中学校3年の修学旅行の道中お腹が痛くなり、バスを寄り道させてトイレに駆け込んだ苦い思い出も)

と、そんなことはどうでもいいのです。そんな僕は、30代半ばになっても、いわゆる「はらよわ男」なわけでして、ことあるごとにトイレで格闘しているのです。

そして、格闘を終えて手を洗い、トイレから出る。ホッとした表情の僕に、妻は聞くのです。

「ピーだった?シャーだった?」

と。

「はっ??」

「ピー」と「シャー」何が違うのだろう‥‥。僕には皆目検討がつきません。

憮然とした表情を浮かべる僕に対して、さらに妻は聞くのでした。

「だからー、ピーだったのかシャーだったのかどっちなの?」

彼女にとっては、「ピー」であることと「シャー」であることは重要なことであるようだ(どうやら僕の体をおもんばかって)。しかも、その「ピー」と「シャー」を当たり前のように言い放つ。彼女の中では「ピー」と「シャー」の違いが確立されており、使い分けられているのだと考えられる。

僕は、半分あほらしいと思いつつも、彼女の意図するところを丁寧に聞くことを試みた。俗に言う「傾聴」というやつだ。

彼女の話によると、「ピー=軟らかめの便」であり、「シャー=ほぼ水のような便」であるそうだ。

そんなあほな話があるかいと思いつつも、すでに僕もそれを知るに至った。ぼくは「ああ、今回のはシャーだった、かなりヤバかったね」と応えたのだった‥‥。【完】

医学的にはどうなのだろう?

調べればでてくるものです。ああ、便利なりこのネット社会。

便の水分が異常に増え、液状またはそれに近い状態を「下痢便」、通常より少し軟らかい状態を「軟便」といいます。下痢便や軟便を繰り返し、腹部不快感や腹痛を伴う状態を「下痢もしくは下痢症」といいます。 理想的とされるバナナ状の便の水分量は70%〜80%ですが、これが80%〜90%になると「軟便」、水分量が90%を超えると水様便となり「下痢便」の状態になります。

引用元:下痢・軟便の対処法:その1原因と症状をチェック | おなかの悩み相談室 | 大幸薬品株式会社

結論

ピー=軟便(水分量80%〜90%)
シャー=水下痢(水分量90%〜)

ということのようです。さあみなさん!すっきりしましたね!


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 下痢におけるピーとシャーの違い。【嫁の持論】

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP