瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 相手を100%肯定する言葉の選び方とは?「全力教室」宮本哲也さんの話より > 子ども

相手を100%肯定する言葉の選び方とは?「全力教室」宮本哲也さんの話より

選択されているタグ

タグを絞り込む

力教室というテレビを、さっきまで見ていました。(ここのところ、教育・育児系のテレビを嫁さんがつけることが多いんです)

その中で、「誰かに言葉をかけるときの、言葉の選び方」でとても大切なことに気がついたので書いてみます。

番組の内容は、カリスマ塾講師宮本哲也さんの「子どもの勉強を伸ばす方法」です。その中で、子どもにかけてはいけない2つの言葉が紹介されていました。それは・・

  • 頑張ってね
  • 大丈夫?

なぜこの言葉がいけないかというと、「頑張ってね」は、子どもが自分の出来る範囲で頑張っているのに「頑張っていない」と感じさせてしまうから。

「大丈夫?」は、親からすれば心配心からかけていると思っていても、子どもからすれば「疑われている」と感じさせてしまうから。

つまり、どちらも100%の否定になってしまうからということでした。

ビジネスで言うマーケットイン(消費者目線で考える)はここでも通じるのだなと思ったものです。

誰かに言葉をかけるとき、「相手の身になって、その人がどう捉えるのかを意味でもって考える」必要があるのだと思います。

「頑張ってね」と言われた子どもは、その言葉をどんな「意味」で捉えるのだろう?と。

ちなみに、かけてはいけない2つの言葉は、このようにするとよいそうです。

  • 頑張ってね⇒頑張っているね
  • 大丈夫?⇒大丈夫だよ

どちらも、100%の肯定をしてあげるとよいということだそうです。子育てだけではなく、普段の生活すべてに応用できる話だと思いました。

番組で紹介されていた、子どもが勉強を好きになるパズルも興味深いです。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > つたえる > 相手を100%肯定する言葉の選び方とは?「全力教室」宮本哲也さんの話より > 子ども

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP