瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 石井裕さんの「世界一受けたい授業」放送に関するツイッター対応に感銘を受ける。 > Webサービス

石井裕さんの「世界一受けたい授業」放送に関するツイッター対応に感銘を受ける。

選択されているタグ

タグを絞り込む

井裕さんという方がいます。ぼくは多くを語れるほど存じていませんが、米MITメディアラボの副所長をされている方で、ここでは、とにかく「大変な方である」という理解をしていただければOKかと思います。世界の最先端の研究所の副所長が日本人である石井さんなんです。(ちなみに所長も日本人であられます)

そんな大変な方である石井裕さんのことをぼくが知ったのは、例によりほぼ日刊イトイ新聞であります。この連載を読み、研究内容の素晴らしさはもとより、若者(自分を含む)に対するメッセージに胸を熱くしたものです。

詳細はリンク先をどうぞ。(とても刺激的な内容!)


それからというもの、なにかしらのメディアに登場する度に「あ、石井さんだ」なんて思ったり、ツイッターもフォローし、近況などを拝見していたりしていました。

そうして、先日、実家でたまたま付いていたテレビで「世界一受けたい授業」をやっており、石井さんが出演されていました。と言いましても、残念ながら、ぼくは見れたのはほんの数十秒、終わりがけだけでしでしたが。。

その後、ふとTwitterをあけてみると、いましがたテレビに出ていた石井さん本人が、いくつかのツイートをしていました。よく見てみると、テレビをみた視聴者からのTwitterのコメントにひとつずつ返事をしているではありませんか!

【】(墨付き括弧)で囲われた印象的なキーワード、断片的ですが的確なメッセージで次々に返事を返す、卓球の前陣速攻型のように。そして、そのツイートひとつずつが、誰かに勇気や希望を与える内容に見えたのです。

例えば、ひとつ例をとりあげるならば、これ。

17才の少年にとって、テレビの内容にどれだけ影響を受けたかは知り得ませんが、さらに、そんな方からダイレクトにメッセージが届くなんて!この少年の将来を変えるといっても過言ではないはずです。

さらに、そんなことを感じたぼく、33才迷える子羊。正直な思いをツイートしてみたところ、なんとお返事が。

感激☆

上のツイートにもありますが、「対話型」の時代なんだって、改めて実感しますね。

石井さんの対応をまとめてみたので、興味のあるかたはどうぞ!


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 石井裕さんの「世界一受けたい授業」放送に関するツイッター対応に感銘を受ける。 > Webサービス

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP