瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」から学ぶ。 > レビュー

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」から学ぶ。

選択されているタグ

タグを絞り込む

了。(したのは昨日の夜中でしたが)

「マーケティング」についての本です。

あれ、マーケティングとはなんだろう? Wikipediaによれば、

マーケティング(英語:marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

なるほど。

  1. 世の中に求められるものを作る
  2. 情報を届ける
  3. 欲しい人が受け取れる

ようにする。と、自分なりに理解しました。

届けるフェーズ

この本では、2と3がとてもよくわかりました。通常、世の中の常識として考えられていることとはかけ離れたやり方です。でも、頭をやわらかく(それこそ小学2年生くらい)して考えれば、当たり前のこと。

  • 「なんで、ライブの音を録音してはいけないの?」
  • 「バンドは、たくさんの人たちに聞いてもらいたいんだよね?」
  • 「ファンの人たちも、自分の友達に聞かせてあげたいんじゃないかな?」

といった具合に。

これらのやり方が、ファンをさらに増やし、夢中にさせる。つまりバンドの価値を高める。さらに仲間を増やす。広がる

つくるフェーズ

問題は1について。

バンドの魅力。つまり商品力をどうやって創り上げるかについては、書かれていない。(と思います。。)

マーケティングとは、「ある魅力的なコンテンツをどうやって欲しい人に届けるか」ということなのだと思いました。なので、どうやって創り上げるかは別の話。

ただし、本人も気づいていない魅力を発掘することや、まだそれを知らない顧客を見つけて届けるという面はあるのかなあ、と思います。

一つヒントになりそうなのは、最終章「自分が本当に好きなことをやろう」なのかな、やっぱり。

さてと、知ったらやってみたいというのが人の性。どのステージでこれを実践するか、コンテンツを創り上げる or 見つけるか。

レビューにて。

ふと目に飛びこんできたカスタマーレビュー。ついつい読んじゃいますね、最近、まず目が行くのが悪いレビューです。

酷評しているのはファンの方でしょうか。ぼくはバンドのことはあまり知らないので、まったく気になりませんでしたが。ちなみに、☆5つです。

レビューを読んでいて思ったのが、バンドに焦点を合わせるならば、素晴らしい点はファンへのサービス精神でしょうか。この本は未来から過去を見て、マーケティングの視点から書かれていますが、当時、当人達はそんなこと考えてもいなかったでしょう。自分達がどう楽しむか、ファンにどう楽しんでもらうか、それを常識や体制に流されるやっているところが素晴らしいのではないかと思いました。(もちろん、そういったメッセージも込められている本でしたね)


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」から学ぶ。 > レビュー

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP