瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > ロックンロールの詩集。「曽我部恵一 詩集」【感想】 > 曽我部恵一

ロックンロールの詩集。「曽我部恵一 詩集」【感想】

選択されているタグ

タグを絞り込む

5月の末に発売された、だいすきなミュージシャンの詩集、
ようやく買うことができました。

オフィシャルのROSE RECORDSでは販売してなくて、
アマゾンだと送料かかるし、豊田らへんの本屋さんには
置いてないだろうな〜、と思い、なにかと一緒にアマゾンで
買おうと思っていたら、おおきな見落としが。

豊田の街には超エキサイティングな、ロックンロール本屋、
「ヴィレッジバンガード」があったじゃないか!

T-FACEのビレバンのミュージックコーナーに行ったら
案の定、平おきで積まれていました。

「曽我部恵一 詩集」(写真左)。
そして、こっちはついでで、「ギンナンショック 上」(写真右)も
買っちゃいました。

帯に千原ジュニアのコメントが書いてあるのが
ちょっと戦略的だな、とは思うんですが、
とってもナイスコメント。

『風とか 夢とか メロディーとか…
まるで 写真集のようです』

なるほど、いい得て妙です。
ここに書かれているのは、言葉だけじゃなくて
もっと伝わってくるものがある。
でもそれはありふれていて、大袈裟なものじゃない。
というようなことでしょうか。

こころがざわざわする夜、ふと手を伸ばすと、
いつもそこにあって、何かを語りかけてくれる。
そんな本になるといいな。

装丁も、布を使っていてあたたかみがあります。

さてと、それでは彼の音楽をききながら
しばし小旅行へと…、旅立ちます。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > ロックンロールの詩集。「曽我部恵一 詩集」【感想】 > 曽我部恵一

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP