瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 「ビレバンでソカバン」と革のライダース〜曽我部恵一BANDインストアライブ > 曽我部恵一

「ビレバンでソカバン」と革のライダース〜曽我部恵一BANDインストアライブ

選択されているタグ

タグを絞り込む

この日はすごくいい天気でした。

明日からもう11月だというのに、
9月の上旬くらいなんじゃないかというくらいの
汗ばむ陽気。
そんな天気でしたが、ぼくはこの秋に買った
分厚い革のライダースを着て、嫁と一緒にでかけました。

この日は、名古屋のビレバン本店で
曽我部恵一BANDのインストアライブ。
就活にはリクートスーツ、お葬式には礼服みたいなもんで
曽我部恵一に会いにいくんだったら、
暑かろうがなんだろうが、ライダースを
着ていかなきゃあならんだろ、と、
訳の分からない理屈をつけて出かけたのです。

地下鉄の植田駅で降りて、ビレバン本店に向かう。
途中、お洒落な下北系ガールズ&ボーイズを見かけ、
この子たちもそうなんだろな、とおもっていたら
案の定行き先は一緒でした。

午後3時前、ビレバン本店の前には人だかりができていました。
こりゃ見れないな、でも音が聴ければいっか、
と言ってたところ、一曲目が始まってほどなくして
前の人たちが腰をおろしてく。
なんてピースフルでハートフルなライブなんだ!!
大袈裟ではなく「モーゼの海が割れる話」が頭をよぎりました。

アコギ2本とベース、パーカッションという
簡易セッティングもなんのその、
すごくあったかくて、素敵で、幸せな音楽と時間が流れました。

4人の生身の肉体と、あとちょっと電気的な拡声器だけで
こんなものを作り出せるなんて、
音楽ってバンドって、やっぱりすごい…。
大きなアンプとか、高価なエフェクターとか、
場所だって、日本武道館とかじゃなくて駐車場だけど
そんなこと関係ないんですね。

ライブが終わってからはサイン会があったのですが、
ここでぼくは思いつく。
今日汗を流しながら着ていたライダースに
サインをしてもらおう、と。

なんというミーハー精神。今時アイドルの追っかけでも
思いつかないんじゃないか。
まあいいんです。
というのもこのライダースを買ったきっかけは
曽我部恵一の「虹をみたかい?」という
エッセー集を読んだからなんです。

この本の中で曽我部恵一は、ライダースがどれだけロックかを
熱く語ってるんです。しまいには、
「ライダースを着て写ってるイカスCDジャケット」
なんていうコーナーがあったりします。
この本、3回くらい読んでるんですが、
読んでるうちにだんだん欲しくなってきて、
それで今年の秋、めでたく革のライダースを買ったという訳です。

そんなこんなで、
まだピカピカのライダースの裏地にサインをお願いしたのですが、
黒い裏地に黒いペンという組み合わせで…。
若干困惑しながらも、快く書いていただきました。

上から、
ベースのケニーさん
ドラムのオータさん
ギターのトモちゃん
曽我部さん

字はほとんど見えないんですが、そんなことはまあいいんです。
そこに書いてもらった、っていう、
そのことが大事なので。

これぞ、まさにソカバンからの「プレゼント」!
ですね。

その後少しですがメンバーみなさんとお話もできて、
もう胸がいっぱいでした。

そういえば、この日はハロウィンでしたね。
帰る頃に、ほんのり月が顔をのぞかせてました。

2009年10月31日

→sokabekeiichi.com


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 「ビレバンでソカバン」と革のライダース〜曽我部恵一BANDインストアライブ > 曽我部恵一

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP