瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「曽我部恵一TOUR 2011 "Spring Fever"」に行ってきた。 > 曽我部恵一

「曽我部恵一TOUR 2011 "Spring Fever"」に行ってきた。

選択されているタグ

タグを絞り込む

曽我部恵一のライブを見てきた。

ソカバンは数回ある。
ソロははじめて。

「曽我部恵一PINKバンド」っていう名前がつくかも、と。
ピンクっていうと、
まず女性的で、甘くて、官能的であって、春であって・・・

そう、そうだ。
大人のライブだった。

ギターという曲が、このタイミングだからこそ印象的だった。

ソロになりはじめて作った曲だ。
2001年の10月と歌詞にもでてくる。
911のすぐあと・・。

♪ そして今ギターを弾いている
テレビではニュースが流れてる
戦争にはちょっと反対さ
ギターを弾いてる

ぼくも争いごとには反対だ。
ギターを弾いていたほうが幸せ。


なぜ彼の音楽が好きかをよく考える。
自分をもっと知る手がかりになるかもしれない。

好きな音と、好きになれない音はすぐにわかる。
「世の中の人が好きなものと、自分が好きなものがなんで違うのか知りたいだけだ。」
そういえば、嫁さんとちょっとした言い合いになった。


自分の中の、飾らないナマのものがそのまま出ているもの。
ちょっとロマンチックになってもいい、
底にあるものが、リアルなものであれば。
そんな歌がいい。

それって、表現をするってこととして
当たり前のことじゃないかと思う。

キレイな言葉だけを順番に並べたような歌は、
あまり夢中になれないなぁ。


何気ないリアルな感情を、情緒ある言葉で軽く包んで、
中身が時折チラチラ見えるくらいの・・。
それくらいのバランスが好きだ。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

ミズノケイスケ 2011-07-28 (木) 17:59
>getさま
コメントいただいていたのに、長い間放置ですみません。

曽我部さんの音楽はお好きですか?
記事にも書きましたが、ソカバンとはまた違った
大人の雰囲気のバンドでした。

今後PINKバンドの活動がどうなるかわかりませんが、
ぜひ一度体験されることをおすすめします。

同じものが好きな方からメッセージいただけてうれしいです。
それでは。。
get 2011-05-22 (日) 11:33
はじめまして、突然の書き込み失礼します。
今回のPINKツアー、どうだったのだろうと調べていたら、こちらのブログに行き当たりました。
バンド編成もセットリストも非常に良さそうで、
今回は行きたかったのに行けずに、本当に残念です。
2001年のソロデビューから10年の節目だったんですね。
感慨深いです。
PINK、いいですね。
会場ではインストCDRもプレゼントされたとのことで、
やることが粋だなあと思いながら、聞いてみたいなあと思わずにはいられない、そんな春の色がするアルバムです。
また、どこかでこのバンド構成でライブを見る事が出来れば…。

突然の書き込み失礼しました。
不適切であれば削除下さい。
失礼します。
投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「曽我部恵一TOUR 2011 "Spring Fever"」に行ってきた。 > 曽我部恵一

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP