瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の感想。銀杏BOYZの峯田君イイ☆ > ☆☆☆

映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の感想。銀杏BOYZの峯田君イイ☆

選択されているタグ

タグを絞り込む

映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」観ました。
ひどい映画なんだけど、なぜか心が震える映画。
そして、下の方も震える…。

(注:女性や下品なことが嫌いな方は観ない方がいいと思います)

主人公、田西(たにし)が情けないからこそ、
自分を投影してしまう。
青山のセリフ、
「29年間何もしてこなかっから、薄っぺらなんだよ!!!」には
ついつい自分に言われてるような気がしてしまった。

登場人物のみんながみんな、どうしようもない人という、
だからこそある意味リアリティーがあるというか、
なんかスカッとしない気持ちなんだけど、そんな悶々としたものが
現実の世界を取り巻いてるんだな、とも思う。

でも田西のした努力は、バカにしちゃあいけない。
誰も笑っちゃあいけないんだと思う。
それをしてしまったら、希望もなにもないですよね。

それにしても、キャストが秀逸。
峯田くんは田西を地でいってる感じで、
ブログなんかを読んでるとそのまんま。
黒川芽以もYOUもいいエロさで、
決してタメ口にならない小林薫さんもいい味出してた。
松田龍平は殴られて欲しかったな…。
そして、リリーさんは作業着でも似合うなあ、と。

そして音楽。
主題歌の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」はとにかくかっこいい。
特にPVのゴニョゴニョが入ってるのがいい。
あと劇中の田西が歌う岡村孝子の「夢をあきらめないで」は
見どころの一つではないかと。

なんとなく銀杏BOYSの「あいどんわなだい」のPVを思い出した。
簡単に言うと、このPVみたいな映画。
というか、まさに三十路前の性春映画でした、と。

※重ねて申し上げますが、
「男の性欲」について描かれている部分が多いので、
人によっては不快に感じる方もいると思います。



--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の感想。銀杏BOYZの峯田君イイ☆ > ☆☆☆

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP