瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 黒澤明「夢」のこと。 > レビュー

黒澤明「夢」のこと。

選択されているタグ

タグを絞り込む

澤明監督の「夢」みました。


かすかなおもひで


「夢」かあ。
子供の頃、いくつ位だったんだろ、深夜にTVでやってるのを見た。

不思議。
その時どう感じたか、今となってはわからないけれど、今だに記憶にしっかりこびりついている印象は、不思議。

その時は、黒澤明ということも、「夢」という映画の題名も認識してなかったんじゃないだろうか。
ただ、度々、なにかの拍子にあの不思議な物語の映像、と言うべきか、いや「不思議」という「印象」が思い起こされ、その感じを楽しんでいたものです。

原風景、というと大げさに聞こえるけど、僕の意識の奥底にずっと根付いていたと、今、感じています。

正直、黒澤明監督の映画の素晴らしさは(世間で言われている評価でなく)、実感として感じたことがない(というより、作品を見ていない)のですが、もしかしたら、偶然見た時の記憶が何十年、意識の底で脈々と生き続けるこの感覚が証明しているのかもしれません。

黒澤監督作品、もっと見たくなりました。

ざわざわ ドキドキ

あらためて見れば、こんなドキドキざわざわする映画はそうはないです。

それこそ、2流ホラー映画よりずっと。

どんな感情であれ、強く突き動かされるものがよいです。

静かな映画です。なぜか、こころがざわざわするのです。

ファン・ゴッホ

全8話、いずれもそれぞれの味があって、よいのですが、主人公がゴッホの絵の中に吸い込まれた作品が、その映像の美しさに感動し印象強く心に残っています。

その美しさと対比するような形で、ものすごい衝撃を受けたのが、フランシス・ベーコンの「ファン・ゴッホの肖像」です。

原発と「夢」 宮さんと「夢」

この映画に興味を持って調べていると、おもしろい記事がいくつか出てきたので、ここで紹介しておきます。


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 魂がふるえた > 黒澤明「夢」のこと。 > レビュー

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP