瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 「作らなきゃいけなかった」でできるもの? (瞬間と永遠 / 曽我部恵一) > 曽我部恵一

「作らなきゃいけなかった」でできるもの? (瞬間と永遠 / 曽我部恵一)

選択されているタグ

タグを絞り込む

きょうのSONG♪ は、このブログのタイトルをもらった
曽我部恵一のアルバム「瞬間と永遠」の1曲目に入っている
「瞬間と永遠」という曲。

ふう。

大好きなアルバムなのだけど、[ototoy] のインタビューで発覚。
実は不本意なアルバムだったのだそう。

つまり雑誌や新聞みたいな意味合いの音楽を作っていきたかったんだけど、その後にメジャーと契約しちゃって、2枚は普通にアルバムを作らなきゃいけなかったのね(笑)。それがソロとしての最初の2枚になるんだけど、その頃のものは自分から見ても迷走しているんだよね。

曽我部恵一インタビュー(前半) - ototoy

「作らなきゃいけなかった」って思いつつも
これだけのものが作れてしまうって一体・・・。

この曲の連想ワード。

裏のリズム / 腰のあたりをたたく
二拍目四拍目 / 夜の闇を駆け抜ける
吹雪の中の鉄の箱
獣の鳴き声のようなサックス
雪の降る夜を駆け抜ける
嵐に包まれる / 足跡が徐々に消える
吹雪を切り裂くギター
夜の長い光の届かない雪の世界

瞬間と永遠 / 曽我部恵一 / 2003年


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 日々 > 「作らなきゃいけなかった」でできるもの? (瞬間と永遠 / 曽我部恵一) > 曽我部恵一

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP