瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』の"さわり"から考えたこと > 音楽

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』の"さわり"から考えたこと

選択されているタグ

タグを絞り込む

今日、ネットサーフィンをしていて、偶然気になる本を見つけました。

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

普段からほんのり感じていたひっかかりの答えに近づきそうで、ひときわぐっと興味を引きました。

商品の説明にはこんなことが書いてありました。

理由はわからないけど「これだ!」と思ったり、説明できないけど「なんか変」と感じたことはないだろうか?しかも一瞬で。人間には、理屈を超えてわかったり、感じたりする瞬間・能力がある。

ふんふん。なるほどなるほど、と。確かにこんな経験よくあるんです。

例えば、自分でなにかをデザインしたとき、

「なんか違う。」

でも、説明できないんだな。

いまだと、状況によるけど、自分を曲げてしまいがちなのがどうにもくやしい。結果から見ると、自分の感覚が正しかったと、後悔することもあったりで。そこは通していったほうがいいのだろうか。それも違う気もするけど。

確か、前に読んだ「ほぼ日」の池谷裕二さんの連載にあった、「身体事実がまずある。」っていう話と似てるような気もするのだけど、脳が、というより、身体全体が反応したっていう事実は信用に足る情報ではないかと。

そうやって実感する根拠は、直に身体が反応する音楽と、そうでない音楽があるということ。

読んでみたい本がどんどん増えてくなあ。


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > 『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』の"さわり"から考えたこと > 音楽

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP