瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > コピペ可能のものと、不可能のもの。そしてそもそもコピペをわきまえる。 > 糸井重里

コピペ可能のものと、不可能のもの。そしてそもそもコピペをわきまえる。

選択されているタグ

タグを絞り込む

WCANでだれかが「Webのいいところの一つにコピペがある」
って言ってた気がするが、だれだっけか・・・。

Webだけでなく、デジタルの特徴のひとつに「コピペ」つまり
「簡単に複製できる」という特徴がある。

これって、あたりまえすぎて見えづらくなっているけど
常に意識しておくべきことなんじゃないだろうか。

世の中には、
「コピペ可能なものと」「コピペできないものがある」
って、当たり前すぎるが、笑っちゃいかん。

そして、それはいうまでもなく
「特長」ではなくて 「特徴」ととらえるべきもので、
コピペできるからいいこともあり、
コピペできてしまうから、具合が悪いこともある。

熟練したプロフェッショナルが、魂を込めて作ったものを
あっという間に複製できてしまうのが現代のデジタル技術。
人の「大量に量産したい欲」がこれを可能にしたんだろう。

たとえば写真のフィルムなんかも、
「簡単に複製する」を可能にしたし、デジタルになりより楽になった。
なんなら電子書籍だってこの考えかたで片付く。

もっと突き詰めていくと、人間の最大の欲として
「コピペするように野菜を育てたい」ってとこに行き着くんだろうか・・。

Webという業界にいると、
「コピペ可能」という便利さの恩恵をすごく感じる。
でも、その便利さと引き換えに無くしているものもあるんじゃないか
ってことを意識しておかないと。

糸井さんも確かこんなようなことを言っていたなあ・・。

ぼくの個人的な予測としてではあるけれど、この先、いま存在するたくさんの大量生産品が、どうしていいかわからない場所に迷い込むと思っている。そうなる予感は、あちこちにある。

大量生産品が、ロスの多いマーケティング迷路をぐるぐるしている間に、あちこちで「作品」が育っていくのではないか。それが、ぼくの予測の中心であり、たのしみである。

(ダーリンコラム 2007-05-14「作品」というものについて より)


--

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)

2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > 頭ん中 > コピペ可能のものと、不可能のもの。そしてそもそもコピペをわきまえる。 > 糸井重里

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP