瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「頭とハートがつながる」とは? - あなたの中のリーダーへ(著:西水 美恵子) > ほぼ日

「頭とハートがつながる」とは? - あなたの中のリーダーへ(著:西水 美恵子)

選択されているタグ

タグを絞り込む

禅でもしていて、バシッとされるような、読んでいると背筋がピンとなる本です。著者の西水美恵子さんを知ったのは、例によってほぼ日のこの対談で、とても感銘を受けて本も読んでみたくなったのです。

コラム欄の書籍化ということで、短めの文章がいくつか納められている構成で、暇を見つけてはちびちびやり、 心に鞭打たれています。

闘うことの姿勢

序盤、世界銀行という巨大な組織の中で、組織の腐敗と闘う様子が描かれています。巨大な組織の権力者たちに向かって、真っ向から異を唱える。どれだけの勇気と信念が必要なのか。(それを持ってしても、そうとうの恐怖もあるのでは)

それに比べれば、自分が闘っているステージはなんと小さいのか。けど、大きさはどうあれ、闘う姿勢が大事って言ってくれているような気がします。

「頭とハートがつながる」とは?

全体を通して、似たようなフレーズが何度となく登場しました。

頭とハートがつながっていなかった自分に気づいた。

ぼくは、知識の上で「そういうことがあるんだな」と知っていますが、実際に経験したことはありません。

このことは、似たような表現で、別の方もおっしゃっています。例えば、震災のことを語る西條剛央さんは「リミッターがはずれた」という表現をしていました。また、フロー状態も近いことを言っている気がします。

頭で考えていることと、本当に思っていることが一致していない。

例えば、震災大変だよね。世界には貧しい子ども達がいるよね。戦争はだめだよ。人間はみんな平等なんだよ。

すごく、当たり前で、誰に聞いても答えはYES、だけど「頭とハートがつながっている」人はどのくらいいるのだろう。少なくとも、ぼくはつながっていないんじゃないかな。

頭で考えていても、実際に行動しない。

それが、「頭とハートがつながってない」 の正体なんじゃないかと思います。


と、そんなことに気づいた本でした。

そのほかにも、ブータン王国のエピソードや、世銀を辞めて移り住んだ英国領バージン諸島のこと。視野を世界に向けてくれる本でした。

ほぼ日の対談もオススメです。

余談ですが、池上彰さんに似ていると思うのはぼくだけではないのでは...(大変失礼しましたm(._.)m)


--

お知らせ:ミズノケイスケは、2015年5月ポエジーという屋号でフリーランスとして開業しました。詳しくは以下をご覧ください。



「今の自分を知る言葉・変える言葉」みんなのアイデンティティコンセプトと感想を見る

今の自分を知る言葉アイデンティティコンセプトを3時間でつくるセッション受付中言葉にすることで前進するちょっと変わったコーチング5,000円/1時間(税別)

やりたいことがやりたくて独立起業したはずなのに、なぜかやりたいことができていないフリーランスのための個別授業

豊田市で成果の出るホームページ制作をしています。
1.わかりやすく 2.その会社らしく 3.美しい ホームページを約束します ⇒詳しくはクリック!

この記事に関連する記事

コメント

投稿
名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ@愛知県豊田市・名古屋市 > ログ > 「頭とハートがつながる」とは? - あなたの中のリーダーへ(著:西水 美恵子) > ほぼ日

RSS 購読
リンク
  • track feed 瞬間と永遠.com

↑PAGE TOP